​地域毎に塗色展開されたキハ120も導入後25年を経過し、体質改善車が次々登場。200番台の鋼製車は、朱色1色化されています

今回、岡山の岡本さん、糸魚川の赤野さんから、写真を提供いただき、120の色展開を紹介します。

キハ120・・・1992年から、JR西日本の地方ローカル線の一般型気動車の置き換えとして、配備された16m級の小型気動車。越美北線、木次線向けの鋼製車体・250PSエンジンの200番台から始まり、1995年には、SUS車体・330PS・ロングシートの0番台が木次、広島、亀山、山口に配備。最大グループであるSUS車体・330PS・セミクロスシートの300番台が、亀山・広島・浜田・富山・岡山に配備されました。現在も88両が運用中です。

トイレの設置:当初、未設置でしたが、設置要望の高まりを踏まえ、2004~2006年に設置。設置部の窓は塞がれました。

​・体質改善工事:製造後25年経過を受けて、2017年から順次実施。車内シート、照明。ドアチャイム、前照灯LED化等。

​■高山本線

​(富山~猪谷)

​■岡山色

姫新線(佐用以西)

因美線(智頭以南)

芸備線(落合以東)

 津山線

 伯備線(新見~米子)

​■美祢色

 美祢線

​ 山陰線

■広島色

芸備線

​(広島~落合)

福塩線

​(府中~三次)

​■木次色

木次線

​宍道~松江

​■関西本線

(亀山~加茂)

​■浜田色

​ 山陰線

 (三江線)

キハ120走行路線 2021-2-7.png

​■大糸線

(糸魚川~南小谷)

◆各線の車両紹介

​■美祢線・山陰本線

​■下関総合車両所新山口支所所属で美祢線(厚狭~長門市)山陰線(長門市~仙崎・長門市~益田)で運用されています。

​ 0番台5両、300番台2両が運用中。

 
120-18 美祢色 岡本さん

​ 美祢線 厚狭行120-18(長門市)

120-9 東萩幕 岡本さん

​ 山陰本線 東萩行120-9(長門市)

DSC_8378.jpg

​ New! 美祢線色 0番台の交換120-10と120-18+20  美祢線 四郎ヶ原

上記長門市・美祢線の写真は岡本さん撮影

​■芸備線・福塩線

 

​■下関総合車両所広島所属で芸備線(広島~三次~備後落合)、福塩線(三次~府中)で運用されています。広島~三次は40系が主力

​ 300番台7両、0番台3両が運用中。

広ヒロ 府中にて.jpg

​ 広島色 福塩線 三次行(府中)

115系と並ぶ120 府中.jpg

​105系電車と並ぶ120 三次行(府中)

福塩線 府中120-332 花江さん.jpg

長旅を終え、府中に到着120-332

​撮影:花江さん

​■山陰本線・(三江線 江津~三次)

 

​■浜田鉄道部所属で山陰本線(益田~出雲市)で他系列と併用で、運用されています。廃線となった三江線でも運用されていました。

​ 300番台13両が運用中。

浜田色 三次駅 三江線ホーム.jpg
DSC_7619.jpg

​ 三江線で運用中の列車(三次)

三江線を行く口羽行120-314.jpeg

三江線を行く「口羽」行

​撮影:岡本さん

三江線 尾関山.jpg

​ 120-314(三江線 尾関山)

​撮影:岡本さん

​■木次線・山陰本線(宍道~松江)

​■木次鉄道部所属で木次線内で運用されています。朝の一便は、宍道から山陰本線で松江迄乗り入れ、宍道迄折り返します。

​ 200番台3両、0番台5両が運用中。

 
120-4 木次線色 岡本さん

​ 木次線で運用中の120-4 

​撮影:岡本さん

キハ120-207

​ 120の最初の投入番代の120-207は鋼製車で当初は地域色であったが現在は朱1色

2021-8 ​撮影:岡本さん

木次鉄道部

​ 木次駅構内の留置線の120-2.3 

​2021-8 撮影:岡本さん

​■姫新線・因美線・芸備線・津山線・伯備線

 

​■岡山気動車所属で運用区間は、姫新線(佐用~津山~新見)、因美線(津山~智頭)、芸備線(新見~備後落合)、津山線(2往復)、

​ 伯備線(新見~米子 昼間の1往復)。津山線はキハ40系が主力。津山~中国勝山も40系との併用。

​ 300番台16両(358が、芸備線の事故で廃車、代わりに357(浜田色の元岡山車)が転属)。3両が大糸線に転属

120-337 追分 岡本さん

​ 120-337(姫新線 美作追分)

​撮影:岡本さん

​ 運用中の120-358(事故で廃車)

(津山線 亀甲)

里帰りの120-357 伯備線826D.jpg

​伯備線826Dで運用中の120-357 

撮影:岡本さん 

因美線 知和~美作河井 松𡵅鉄橋

​ 120-328(因美線 松𡵅(ホウキ)鉄橋)

​ 120-340(姫新線 美作江見)

​■関西本線

​■亀山鉄道部所属で関西本線の非電化区間(加茂~亀山)で運用中。

​ 300番台6両、0番台8両が運用中

 
120-8 加茂

​ 120-8(関西本線 加茂)

桜の季節の笠置駅

​ 桜の季節の笠置を出る亀山行

布目川 笠置~大河原

​木津川沿いを走る列車(笠置~大河原)

​■越美北線

​■敦賀地域鉄道部所属で越美北線(福井~九頭竜湖)で運用中。

​ 200番台5両が運用中。鋼製車両で車体側面部にも当初から塗装が施されており、朱色1色化の後も、ラッピングされています。

 
120-201    夢のかけはし  福井

​ 120-201『夢のかけは号』(福井)

120-201 越前大野

​ 120-201(越前大野)

120-201 九頭竜湖

​ 120-201(九頭竜湖)

​■高山本線

 

​■金沢総合車両所富山支所所属で高山本線のJR西日本管轄区間(富山~猪谷)で運用中。

​ 300番台10両、0番台1両が運用中。転属車両の内1両は、美祢色のまま運用中。他は高山色

高山色の富山方 笹津

​ 高山色の富山方は赤色(笹津)

富山色 猪谷 スポット修正.jpg

​ 高山色の猪谷方は緑色(猪谷)

富山色 第二神通川橋梁

​ 第二神通川橋梁(上路トラス)を行く120列車(楡原~笹津)

​■大糸線

​■金沢総合車両所富山支所所属で大糸線のJR西日本管轄区間(糸魚川~南小谷(みなみおたり))で運用中。

​ 300番台3両が岡山色のままで運用中

 
大糸線 糸魚川~姫川 撮影:赤野さん

セメント工場と120(糸魚川~姫川)

唯一日本海とキハ120が見渡せる場所

残雪の山を背に 大糸線 赤野さん1 (2).jpg

残雪の山容を背景に(頚城大野~根知)

2017-1-1  大糸線 撮影:糸魚川 赤野さん

雪の第三下姫川橋梁(根知~小滝)

上記大糸線の写真は糸魚川 赤野さん提供

□体質改善:2017年度から、2500万円/​両の経費で、2021年度までに、全車両で実施されるとのこと

​       関西線の車載型IC改札機は2021/春から運用

リニューアル車 車内 岡本さん (2).jpeg

室内灯LED化、座席モケットの変更。ロングシート仕切り板設置等 

リニューアル車 出入口 岡本さん

座席端の手すり、握り棒の改善等 

更新車両の撮影:岡本さん

車内照明

室内照明LED化

​120-355

座席端部 ドア開閉ボタン

・座席端の手すり大型化

・​ドアボタン設置

(0、300番台)

開閉時の​チャイム

​120-355

キハ120-356 2017/10 岡山
120-356 坪井 岡本さん.jpg

120-356 前面 新旧比較 O

​①前照灯 LED2灯×2 尾灯LED

​②中央貫通扉上部 ワイパー・同カバー設置

120車載型IC準備工事.jpg

​ 関西線の120で、2021/春から運用の車載型IC改札機

配給列車 前方
配給列車 後方

このように様々なカラーリングが施された車両が各地で運用されていますが、米子の後藤総合車両所で体質改善(リニューアル)工事の際には、現地に赴かなくても、米子への往来の際(配給列車)に​途上で目にすることができます。

今回の写真は、キハ120-346の後藤出場時の新見でのものです。左奥に岡山色120(岡本さん撮影 2020-2)。牽引機は宮原のDLでした。