「天井川」:洪水を防ぐため、川の両岸につくってきた堤防。これにより、土砂が川底に堆積すると洪水の危険が高まる為

​堤防を高くしていきます。これを繰り返すことによって、川底が周囲の土地よりたかくなってしまったものです。どこにでもあることは無いので、河川の三要素、「浸食」「運搬」「堆積」の条件が揃ったということでしょうか。

​天井川の多くは、滋賀県、京都の山城地区にあるようです。天井川が多い、木津川沿いを走る、奈良線、学研都市線、琵琶湖に注ぐ野洲川の支流をトンネルや跨線橋を潜り通る路線を訪ねました

学研都市線と天井川

京田辺駅周辺では、

防賀川
防賀川 川跡

防賀川隧道

馬坂川 

馬坂水路橋

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com